キャッシングの利便性


「クレジットカードは、財布代わり」という人も、中には居るかもしれない。

アメリカの方では、もはや常識らしい。日々の暮らしの中にクレジットカードが息づいている。

日本では財布代わりのクレジットカードという意識は、アメリカほどにはなっていないと思える。

しきりにコマーシャルはしているが、多少の不安感がどこかに有るのかもしれない。

キャッシングはどうか?というと、急な出費のための「やむを得ない借金」とか、手持ちのお金がないので「その場しのぎのお金」という感覚で使用する人も居るようだ。

これは危険な例だが、ギャンブル用の資金として使うケース。実は私もこれをしてしまい、痛い目に会った。

自制心が弱い人や、負け慣れしている人には、勧められない使用例だ。(深みにハマってしまうから・・)

利用する際に、一番考えなくてはならないこと・・、当たり前かもしれないが、返せるかどうか・・?であろう。

借りた分は返さないといけない。

収入のうち、借りたお金を差し引いた分がその月の生活費となり、使える金額が減るわけだ。

また、足りない分を、「キャッシング」で補充する。

この繰り返しをしてしまうといつかは「自転車操業」の状態に陥ってしまう。

「キャッシング」をして、返済する月は「節約」する。という前提で利用するとうまくいくのではないか?

正直、これができる人はそう多くは居ないだろう。

「ノンバンク」の経営者が長者番付に載るくらいの「借金大国」だということを考えても、どれだけ多くの「キャッシング」利用者が居るかが伺える。

本当に便利な「キャッシング」機能。地獄に落ちないように上手に利用したいものだ。

キャッシングって、必要不可欠?

格差が広がる現代社会、当然お金が足りなくなる人が大勢出てくる。給与だけでは生活できないという人々・・。

パートに出ても雀の涙程度にしかならぬ。でもやらないよりマシ・・。

それでも足りない費用を、キャッシングで賄う。

物を使えば、消耗品は古くなったり壊れたり・・・、そのためにもキャッシングして分割払い。

借りなくていい人が羨ましくなるばかりのこの世の中だ。

借りなくていい人って・・?誰だろう。考えるだけで・・・・。(想像にお任せ・・)

こんな感じで、今やキャッシングは必要不可欠の行動になっていることに変わりがない。

企業でも、当座の運営資金ということで融資を受ける。

受けないと給料も払えないというくらいの小企業も多いという。

個人レベルも企業レベルでも、借金はつきものだということ。

ただ、これもまた社会の一部分であり、キャッシングで借りたお金が再び社会の中に消費されて流れていく。

果たして現在流通しているお金のうち、どの位が借金なのだろう?

もしかして・・、全部?国の借金を考えたら全部借金のような気がしてくる。

国家レベルのキャッシング・・。

必要不可欠というよりも、「当たり前」という気になってきた。

ちょっと危険な兆候か・・?

本当にアブナイかもしれない、この国・・。(そうでないことを祈りたい)

今人気のキャッシング

キャッシングをネット検索して驚きを隠せない。

個人レベルのキャッシングを想像していた私は、企業が融資を受ける場合のキャッシングをすっかり想定していなかったのだ。

その融資金額の高額ぶりに愕然としてしまった。

しかも、その融資の速さ・・。

当然個人レベルの融資もあり、俗に言われる「ノンバンク」消費者金融であるが、ここでは当然「キャッシング」を専門に行う。

個人的には、「融資専門」のノンバンクは『怖い』イメージがある。

なぜか?利息の高さ。ここから想像される「借金地獄」。働いても、働いても・・・、その分が利息で消えていく・・。

このイメージがついて回る。まあ、あくまでも個人的イメージだから気にする必要はないのだが・・。

要するに「キャッシング」は「借金」である。企業側から言えば「融資」だ。

この「借金」・・、コマーシャルを見ると何となく「借金」という気がしないのは私だけだろうか?

かわいいタレントをイメージガールに据えて、優しくキャッシングに誘う。

しかし・・、「借りたお金」は払わねばならぬ。

「ご利用は計学的に・・・」確かにその通りだが、「計学的に」物事がすべてうまく行くとは限らないのが、現実社会だと思う。

と言っても、「キャッシング」を敵視しているのではない。

無ければ困る人たちも居るわけだ。

本当に利用しやすい、利用者に優しいキャッシング方式を願って止まない。