キャッシングの利便性


「クレジットカードは、財布代わり」という人も、中には居るかもしれない。

アメリカの方では、もはや常識らしい。日々の暮らしの中にクレジットカードが息づいている。

日本では財布代わりのクレジットカードという意識は、アメリカほどにはなっていないと思える。

しきりにコマーシャルはしているが、多少の不安感がどこかに有るのかもしれない。

キャッシングはどうか?というと、急な出費のための「やむを得ない借金」とか、手持ちのお金がないので「その場しのぎのお金」という感覚で使用する人も居るようだ。

これは危険な例だが、ギャンブル用の資金として使うケース。実は私もこれをしてしまい、痛い目に会った。

自制心が弱い人や、負け慣れしている人には、勧められない使用例だ。(深みにハマってしまうから・・)

利用する際に、一番考えなくてはならないこと・・、当たり前かもしれないが、返せるかどうか・・?であろう。

借りた分は返さないといけない。

収入のうち、借りたお金を差し引いた分がその月の生活費となり、使える金額が減るわけだ。

また、足りない分を、「キャッシング」で補充する。

この繰り返しをしてしまうといつかは「自転車操業」の状態に陥ってしまう。

「キャッシング」をして、返済する月は「節約」する。という前提で利用するとうまくいくのではないか?

正直、これができる人はそう多くは居ないだろう。

「ノンバンク」の経営者が長者番付に載るくらいの「借金大国」だということを考えても、どれだけ多くの「キャッシング」利用者が居るかが伺える。

本当に便利な「キャッシング」機能。地獄に落ちないように上手に利用したいものだ。